「拙文はスルー」の哀しみ

 『新潮45』のわずかな余命を断ち切ってしまった杉田水脈擁護特集、ここに執筆したメンバーの一人、藤岡信勝氏が、産経系WEBメディアのiRONNAに、「藤岡信勝手記「言論圧力に屈した新潮社よ、恥を知れ」」という涙なしでは読めない文章を寄せていた。

ironna.jp

 彼が『新潮45』に書いた「生産性」をマルクスのどこからひっぱってきたのかについて前半は費やされているのだが、これがいろいろ噴飯で、元共産党員であった藤岡先生の「昔とったきねづか」も恐ろしく錆びついてしまい、原型をとどめていないのだなということがよくわかった。

 藤岡氏が見つけた『ドイツ・イデオロギー』の当該箇所はどこだか明記されていないが、たぶんこのあたりではないか。

さて労働における自己の生の生産にしても、生殖における他人の生の生産にしても、およそ生の生産なるものはとりもなおさず或る二重の関係として――一面では自然的関係として、他面では社会的関係として――現われる。

マルクスエンゲルスドイツ・イデオロギー』Ⅰフォイエルバッハ[1]歴史、大月版全集第3巻、1963年、25頁

 しかし、藤岡センセイが若い頃から親しんできた「正統派」的体系では、エンゲルスの『家族、私有財産、および国家の起源』の序文のほうが先に出てきてもおかしくないのだ。

唯物論的な見解によれば、歴史を究極において規定する要因は、直接の生命の生産と再生産とである。しかし、これは、それ自体さらに二種類のものからなっている。一方では、生活資料の生産、すなわち衣食住の諸対象とそれに必要な道具との生産、他方では、人間そのものの生産、すなわち種の繁殖がそれである。

エンゲルス『家族、私有財産、および国家の起源』「1884年版への序文」、大月版全集第21巻、1971年、27頁。

 いずれにしろ、マルクスエンゲルスの言葉から杉田水脈の「生産力」ものさしを養護するのはまったくの筋違いと言わなければならない。

  そもそも「生産性」は、労働過程(生産対象+生産手段+労働力の結合)の結果生み出される生産物、この生産物ではかられる生産の有効性の度合い(上記3要素の結合がうまくいってるかどうか)についてのカテゴリーなので、諸モメントが有機的に結合する生産(労働)過程から1コのモメントだけをとりだして「生産力」を云々するのはただの俗用にすぎない……「社会科学の普通の用語であることを発信」するのであれば、藤岡センセイはそのように切って捨てるべきであったろう。

 こういう時に、同じ「新しい歴史教科書をつくる会」役員としての党派根性が働いたのであろうか、箸にも棒にもかからぬ杉田の「生産力」語の用法の擁護を買って出てしまったのが藤岡センセイなのであった。ともあれこのくだりに関しては、そもそもヤング藤岡信勝氏が学んだ正統派的「史的唯物論」の ゆがみとも関係するので、稿をあらためたい。

 それにして、前掲の藤岡センセイの「手記」の最大の泣かせどころは

拙文は、7本の特集論文の冒頭に配置された。だから、特集記事を読む人は、最初の関所として私の論文を読み、その関所での果たし合いを経て、次に進まなければならないはずだ。ところが、拙文はスルーである。言論戦を回避してもっぱら圧力をかける。

 のところで、ここまで恥ずかしげもなく「拙文はスルーである」と書いてしまえる、いや書かざるをえなかった藤岡センセイの哀しみを思うと、読んでる方も涙がちょちょぎれてしまうのである。

「スルー」されてしまった右派系論壇誌の杉田がらみ寄稿

 実は『新潮45』10月号の杉田擁護特集以外にも、実は『正論』『WiLL』『月刊Hanada』『Voice』など保守系/右派系論壇誌には、杉田水脈の文章にからめた記事がちらほらと掲載されていたので、これから読むために挙げておこう。

『正論』10月号

八木秀次LGBT 法整備「暴走」を危惧する

『WiLL』10月号

高山正之竹内久美子:科学から見たLGBT

 *ちなみに「睾丸理論」で名高い竹内久美子は、産経新聞2018年8月1日付「正論」欄に「LGBTには生産性がある」なる、杉田水脈の同一平面上にある作文を寄せていた。

【正論】LGBTには「生産性」がある 動物行動学研究家、エッセイスト・竹内久美子(1/3ページ) - 産経ニュース

『月刊Hanada』10月号

八幡和郎:杉田水脈議員へのメディア・リンチ

 *藤岡どころか、八幡氏こそ『新潮45』特集内でもそのあまりの出来の悪さにスルーされているのだが。それにしても、同一人物が、同じネタで、同月の競合他誌にも書いているというのは、この業界の〈狭さ〉を感じさせる。

『VOICE』10月号

村田晃嗣同志社大学法学部教授):LGBTを政争の具にするな

那覇潤:リベラル派の凋落は自業自得だ

 この与那覇氏の寄稿文、杉田作文を起点にしつつも「しかし私はこの騒動が、久々のリベラル派の「勝ち星」だ、とはまったく思えません。むしろ一保守系議員のLGBTに関する無知以上に明らかになったのは、リベラル派の「堕落」と「自己矛盾」だと感じています」と述べていて、「リベラル派」って誰ですかぽかーん状態だ。

 しかもその後に、「保育園落ちた日本死ね!」で子育て支援には最優先で税金を投入せよと訴えていたが、ヘテロカップルでも子宝に恵まれない人はいる、「彼らの視点に立つならば、「子供を作らないあなたは、世代の再生産に貢献しないのだから国による支援は後回しですよ」と言われている点に関して、保育園デモと杉田議員の論理は大差ありません」という、極めて理解しがたい屁理屈をふりまわしていて唖然とした。

 「「子供を作らないあなたは、世代の再生産に貢献しないのだから国による支援は後回しですよ」と言われている」……と書いているが、保育園デモで、そんなこと誰が言ったんですか?? やばいよこの人感がすごい。

 

――ということで、各誌いろいろ大漁みたいですよ。

メモ:大日本帝国の標準時

中野文庫 - 標準時ニ関スル件

より

 

標準時ニ関スル件(明治28年勅令第167号)

第一条 帝国従来ノ標準時ハ自今之ヲ中央標準時ト称ス

第二条 東経百二十度ノ子午線ノ時ヲ以テ台湾及澎湖列島並ニ八重山宮古列島ノ標準時ト定メ之ヲ西部標準時ト称ス

第三条 本令ハ明治二十九年一月一日ヨリ施行ス

 

標準時ニ関スル件(明治28年勅令第167号、昭和12年勅令第529号による改正後)

第一条 帝国従来ノ標準時ハ自今之ヲ中央標準時ト称ス

第二条 削除

第三条 本令ハ明治二十九年一月一日ヨリ施行ス

 

 

寄稿しました:流行する「GHQによる洗脳」論の危うさ

……愛国心」「皇軍」「大東亜共栄圏」「八紘一宇」に抵抗を感じたらGHQの洗脳の影響下にあることになるらしい。けれども、このツイートにはそれぞれ数百人単位のリツイートと「いいね」がつけられ、この発言に疑問を呈した人には信者が「WGIPがわかっていない! あなたはまだ洗脳されている!」とギロンをふっかけているのである。 

 

webronza.asahi.com

『世界』2018年10月号に寄稿しました

www.iwanami.co.jp

『世界』2018年10月号に、「「私たち日本人」はトキが自由に飛び回る日の夢を見るか」を寄稿しました。日本教科書の中学生むけ「道徳」教科書3学年分をネチネチ読んでのレポートです。

一読して何よりも驚くのは、「道徳」の教科書に安倍晋三首相の真珠湾での演説(2016年12月27日)が登場していることで(中1)、まさに〈安倍晋三記念「道徳」教科書〉といった趣である。しかも右派系 修養・道徳団体として知られるモラロジー研究所の出版物からの引用・転載が2本、右派系文化人寄り集まって編纂した『はじめての道徳教科書』(育鵬社、二〇一三年)からの引用が1本――入っていたり、突然「〈もつと知りたい〉武士道」(中2)などのコラムが登場するなど、その政治的イデオロギー性の頭も尻も隠していない異様な展開でいろいろと驚いた。

 で、twitterでも書いたこの下りの顛末も盛り込んでいます。

「真希はそう言いながら、ベッドのそばまで来て俺の顔を覗き込んだ。柔らかな髪が揺れて一瞬シャンプーの香りがとつぜん立った。突然のことで俺はどぎまぎして答えた」。

 f:id:tadanorih:20180908105744p:plain

当該ページの挿絵がこちらになります(日本教科書『生き方から学ぶ』(中学1年用)より)

倉橋耕平さんの『歴史修正主義とサブカルチャー』書評をWEB世界に寄稿しました

websekai.iwanami.co.jp

 「新しい歴史教科書をつくる会」が設立記者会見を行った1996年12月から22年が経とうとしている。2018年現在の大学生のほとんどは、生まれたときから「自虐史観」非難の中で育ったことになる。

 この20年で歴史修正主義的言説が言論の市場に占める割合は拡大し、書店では民族的差別主義と一体となった歴史修正主義本が跋扈した。その種の言説のビリーバー/ユーザーもまた増大している。そもそも歴史修正主義に非常に親和的な政治エリートが政権に居座っている中で、大規模な公文書の改竄が行われていたことも明らかになり、すでにごく近い過去さえも政治的利害によって「修正」されてしまうほど社会は劣化した。

新刊レビュー/倉橋耕平『歴史修正主義とサブカルチャー』 評=早川タダノリ | WEB世界

 

トークイベントに出演します(2018年10月4日@東京)

【以下引用】

10/4(木) 19:00~
平和の棚の会10周年企画 
斎藤美奈子さん×早川タダノリさんトークイベント
「積極的平和と出版メディア~平和のために出版はなにができるのか~」

今年結成から10年を迎えた『平和の棚の会』が選書の基準にしている「積極的平和」。
その概念は単に「戦争がない」という状態だけを「平和」とするのではなく「衣食住・人権・福祉・ジェンダーなどで差別されず、命がおびやかされない状態」を指します。
今から81年前の1937年に始まった日中戦争は太平洋戦争へと発展してゆきました。
世の中が戦争へと突き進むなかで、庶民はどのように戦争に向き合ったのか。
また、円本ブームなどを経て庶民への情報提供者となっていた出版社はどのように戦争にかかわったのか。現代となにが相似し、なにが違うのか。「積極的平和」を一つの軸にして考えます。
トークは『戦下のレシピ』(岩波現代文庫)で、戦争前夜から敗戦直後までの婦人雑誌の料理レシピから時代に迫った文芸評論家の斎藤美奈子さん。
戦前の「家」制度の実像と、「日本の伝統的家族」モデルのイデオロギー性を 探る『まぼろしの「日本的家族」』(青弓社)編著者の早川タダノリさんです。

 

f:id:tadanorih:20180901020413p:plain

開催日時:2018年10月4日(木) 19時00分~(開場18時30分)
開催場所:東京堂書店 神田神保町店6階 東京堂ホール
参加費: 800円(要予約)
参加ご希望の方は店頭または電話にて、『斎藤さん×早川さんトークイベント参加希望』とお申し出いただき、名前・電話番号・参加人数をお知らせいただくか、上記「お申し込みはこちら」から専用予約フォームにご入力の上、送信してください。イベント当日と前日は、電話にてお問い合わせください。  
ご予約受付電話番号:03-3291-5181

【お申込みはこちらから】

10/4(木) 19:00~平和の棚の会10周年企画 斎藤美奈子さん×早川タダノリさんトークイベント「積極的平和と出版メディア~平和のために出版はなにができるのか~」 | 東京堂書店 最新情報