ミラン・クンデラ「一国の人々を抹殺するための最後の段階」箴言についてのメモ

故・清水馨八郎はその著『大東亜戦争の正体』(祥伝社、2006年)で、ミラン・クンデラの『笑いと忘却の書』から次の一節を引用している。

「一国の人々を抹殺するための最後の段階は、その記憶を失わせることである。さらにその歴史を消し去った上で、まったく新しい歴史を捏造し発明して押し付ければ、間もなくその国民は、国の現状についても、その過去についても忘れ始めることになるだろう。」 

この箇所をそれなりの数の人が気に入ったようで、 「一国の人々を抹殺するための最後の段階」で検索すると、いろいろ香ばしいサイトに、同じ文章が引用されているのがわかる。

他方、安倍首相のブレーンとも言われている伊藤哲夫は、日本政策研究センターのサイトに投稿した「なぜ「戦争」と言えば「謝罪」なのか」(2006/06/14)で次のように書いている。

『笑いと忘却の書』の著者、ミラン・クンデラは、同書の登場人物である一人の歴史学者の口をかりて、次のような言葉を吐かせている。

 「一国の人々を抹殺するための最初の段階は、その記憶を失わせることである。その国民の図書、その文化、その歴史を消し去ったうえで、誰かに新しい本を書かせ、新しい文化を作らせて新しい歴史を発明させることだ。そうすれば間もなく、その国民は、国の現状についてもその過去についても忘れ始めることとなるだろう」

 そこで気になって、比較的容易に入手できるクンデラの本を読んでみた。西永良成訳の集英社版では、当該箇所はつぎのようになっている。

「民衆を厄介払いするために、とヒューブルが言った。まず民衆から記憶が取り上げられる。民衆の書物、文化、歴史などが破壊される。そしてだれか別の者が彼らのために別の本を書き、別の文化を与え、別の歴史を考え出してやる。やがて、民衆が現在の自分、過去の自分をゆっくり忘れ始める。まわりの世界はそれよりなお速くその民衆を忘れてしまう。」

ミラン・クンデラ『笑いと忘却の書』西永良成訳、集英社、1992年。

訳文の違いのみならず、清水馨八郎がいろいろ省略しているものがあるようですねー。そもそも清水引用では「最後の段階」となっていますが、伊藤哲夫はどうやらその間違いに気づいて「最初の段階」に直したようです。西永訳では「まず」と最初の段階になってますね。

清水馨八郎が依拠した元ネタもまたあるはずなので、もう少し探求してみましょう。

「拙文はスルー」の哀しみ

 『新潮45』のわずかな余命を断ち切ってしまった杉田水脈擁護特集、ここに執筆したメンバーの一人、藤岡信勝氏が、産経系WEBメディアのiRONNAに、「藤岡信勝手記「言論圧力に屈した新潮社よ、恥を知れ」」という涙なしでは読めない文章を寄せていた。

ironna.jp

 彼が『新潮45』に書いた「生産性」をマルクスのどこからひっぱってきたのかについて前半は費やされているのだが、これがいろいろ噴飯で、元共産党員であった藤岡先生の「昔とったきねづか」も恐ろしく錆びついてしまい、原型をとどめていないのだなということがよくわかった。

 藤岡氏が見つけた『ドイツ・イデオロギー』の当該箇所はどこだか明記されていないが、たぶんこのあたりではないか。

さて労働における自己の生の生産にしても、生殖における他人の生の生産にしても、およそ生の生産なるものはとりもなおさず或る二重の関係として――一面では自然的関係として、他面では社会的関係として――現われる。

マルクスエンゲルスドイツ・イデオロギー』Ⅰフォイエルバッハ[1]歴史、大月版全集第3巻、1963年、25頁

 しかし、藤岡センセイが若い頃から親しんできた「正統派」的体系では、エンゲルスの『家族、私有財産、および国家の起源』の序文のほうが先に出てきてもおかしくないのだ。

唯物論的な見解によれば、歴史を究極において規定する要因は、直接の生命の生産と再生産とである。しかし、これは、それ自体さらに二種類のものからなっている。一方では、生活資料の生産、すなわち衣食住の諸対象とそれに必要な道具との生産、他方では、人間そのものの生産、すなわち種の繁殖がそれである。

エンゲルス『家族、私有財産、および国家の起源』「1884年版への序文」、大月版全集第21巻、1971年、27頁。

 いずれにしろ、マルクスエンゲルスの言葉から杉田水脈の「生産力」ものさしを養護するのはまったくの筋違いと言わなければならない。

  そもそも「生産性」は、労働過程(生産対象+生産手段+労働力の結合)の結果生み出される生産物、この生産物ではかられる生産の有効性の度合い(上記3要素の結合がうまくいってるかどうか)についてのカテゴリーなので、諸モメントが有機的に結合する生産(労働)過程から1コのモメントだけをとりだして「生産力」を云々するのはただの俗用にすぎない……「社会科学の普通の用語であることを発信」するのであれば、藤岡センセイはそのように切って捨てるべきであったろう。

 こういう時に、同じ「新しい歴史教科書をつくる会」役員としての党派根性が働いたのであろうか、箸にも棒にもかからぬ杉田の「生産力」語の用法の擁護を買って出てしまったのが藤岡センセイなのであった。ともあれこのくだりに関しては、そもそもヤング藤岡信勝氏が学んだ正統派的「史的唯物論」の ゆがみとも関係するので、稿をあらためたい。

 それにして、前掲の藤岡センセイの「手記」の最大の泣かせどころは

拙文は、7本の特集論文の冒頭に配置された。だから、特集記事を読む人は、最初の関所として私の論文を読み、その関所での果たし合いを経て、次に進まなければならないはずだ。ところが、拙文はスルーである。言論戦を回避してもっぱら圧力をかける。

 のところで、ここまで恥ずかしげもなく「拙文はスルーである」と書いてしまえる、いや書かざるをえなかった藤岡センセイの哀しみを思うと、読んでる方も涙がちょちょぎれてしまうのである。

「スルー」されてしまった右派系論壇誌の杉田がらみ寄稿

 実は『新潮45』10月号の杉田擁護特集以外にも、実は『正論』『WiLL』『月刊Hanada』『Voice』など保守系/右派系論壇誌には、杉田水脈の文章にからめた記事がちらほらと掲載されていたので、これから読むために挙げておこう。

『正論』10月号

八木秀次LGBT 法整備「暴走」を危惧する

『WiLL』10月号

高山正之竹内久美子:科学から見たLGBT

 *ちなみに「睾丸理論」で名高い竹内久美子は、産経新聞2018年8月1日付「正論」欄に「LGBTには生産性がある」なる、杉田水脈の同一平面上にある作文を寄せていた。

【正論】LGBTには「生産性」がある 動物行動学研究家、エッセイスト・竹内久美子(1/3ページ) - 産経ニュース

『月刊Hanada』10月号

八幡和郎:杉田水脈議員へのメディア・リンチ

 *藤岡どころか、八幡氏こそ『新潮45』特集内でもそのあまりの出来の悪さにスルーされているのだが。それにしても、同一人物が、同じネタで、同月の競合他誌にも書いているというのは、この業界の〈狭さ〉を感じさせる。

『VOICE』10月号

村田晃嗣同志社大学法学部教授):LGBTを政争の具にするな

那覇潤:リベラル派の凋落は自業自得だ

 この与那覇氏の寄稿文、杉田作文を起点にしつつも「しかし私はこの騒動が、久々のリベラル派の「勝ち星」だ、とはまったく思えません。むしろ一保守系議員のLGBTに関する無知以上に明らかになったのは、リベラル派の「堕落」と「自己矛盾」だと感じています」と述べていて、「リベラル派」って誰ですかぽかーん状態だ。

 しかもその後に、「保育園落ちた日本死ね!」で子育て支援には最優先で税金を投入せよと訴えていたが、ヘテロカップルでも子宝に恵まれない人はいる、「彼らの視点に立つならば、「子供を作らないあなたは、世代の再生産に貢献しないのだから国による支援は後回しですよ」と言われている点に関して、保育園デモと杉田議員の論理は大差ありません」という、極めて理解しがたい屁理屈をふりまわしていて唖然とした。

 「「子供を作らないあなたは、世代の再生産に貢献しないのだから国による支援は後回しですよ」と言われている」……と書いているが、保育園デモで、そんなこと誰が言ったんですか?? やばいよこの人感がすごい。

 

――ということで、各誌いろいろ大漁みたいですよ。

寄稿しました:抑えられない改憲衝動 右派系各誌が安倍待望

しんぶん赤旗」(2018年9月16日)読書面に、右派系三誌がいっせいに特集した「安倍三選」待望記事について寄稿しました。

f:id:tadanorih:20180916230415j:plain

メモ:大日本帝国の標準時

中野文庫 - 標準時ニ関スル件

より

 

標準時ニ関スル件(明治28年勅令第167号)

第一条 帝国従来ノ標準時ハ自今之ヲ中央標準時ト称ス

第二条 東経百二十度ノ子午線ノ時ヲ以テ台湾及澎湖列島並ニ八重山宮古列島ノ標準時ト定メ之ヲ西部標準時ト称ス

第三条 本令ハ明治二十九年一月一日ヨリ施行ス

 

標準時ニ関スル件(明治28年勅令第167号、昭和12年勅令第529号による改正後)

第一条 帝国従来ノ標準時ハ自今之ヲ中央標準時ト称ス

第二条 削除

第三条 本令ハ明治二十九年一月一日ヨリ施行ス

 

 

寄稿しました:流行する「GHQによる洗脳」論の危うさ

……愛国心」「皇軍」「大東亜共栄圏」「八紘一宇」に抵抗を感じたらGHQの洗脳の影響下にあることになるらしい。けれども、このツイートにはそれぞれ数百人単位のリツイートと「いいね」がつけられ、この発言に疑問を呈した人には信者が「WGIPがわかっていない! あなたはまだ洗脳されている!」とギロンをふっかけているのである。 

 

webronza.asahi.com